主な特徴 発がん物質

 

The working group met at UC Berkeley on August 21-22, 2018 and on February 7-8, 2019. The meetings were hosted by Martyn Smith (UC Berkeley) and Lauren Zeise (OEHHA, CalEPA).ワーキンググループは、XNUMX年XNUMX月XNUMX日からXNUMX日およびXNUMX年XNUMX月XNUMX日からXNUMX日にカリフォルニア大学バークレー校で会合しました。会合は、マーティン・スミス(UCバークレー)とローレン・ザイゼ(OEHHA、CalEPA)が主催しました。 The group discussed use of the key characteristics in hazard identification, harmonization of the key characteristics with the hallmarks of cancer, and how to design experiments to test a mixture of several chemicals with the potential to produce cancer at low doses.このグループは、ハザードの特定における主要な特性の使用、主要な特性と癌の特徴との調和、および低用量で癌を生成する可能性のあるいくつかの化学物質の混合物をテストする実験計画法について議論しました。 So far one paper has resulted from the group's work:これまでのところ、グループの作業からXNUMXつの論文が得られました。 Smithら、2020 しかし、混合物に関するXNUMX番目が公開されます。

機関お使いのメールアドレス利害関係者 
ボレルアレクサンダーNTPalexandre.borrel@nih.gov政府機関 
カルデナスアンドレスカリフォルニア大学バークレー校andres.cardenas@berkeley.edu研究者 
チウウェイスエテキサスA&M大学WChiu@cvm.tamu.edu研究者 
フェルシャーディーンスタンフォード大学。dfelsher@s​​tanford.edu研究者 
フィールデンMark Hodderアムジェンmfielden@amgen.comファーマ 
ギボンズキャサリン米国EPAGibbons.Catherine@epa.gov政府機関 
良い息子ウィリアムCPMCwhg3md@att.net研究者 
ガイトンKathrynIARC、フランスGuytonK@iarc.fr政府間機関 
ホックキース米国EPAhouck.keith@epa.gov政府機関 
クラインストロイアニコールNTPnicole.kleinstreuer@nih.gov政府機関 
ラメリルミシェルカリフォルニア大学デ​​ービス校mlamerrill@ucdavis.edu研究者 
レブレクエルベアムジェンhlebrec@amgen.comファーマ 
ロウルロワカナダ、がんを知るhlebrec@amgen.com研究者 
マクヘイルクリオナカリフォルニア大学バークレー校cmchale@berkeley.edu研究者 
ミノチェロムジシェロイアムジェンsminoche@amgen.comファーマ 
ライダーシンシアNTPcynthia.rider@nih.gov政府機関 
リースワイク&リンダカリフォルニア大学バークレー校linda.rieswijk@maastrichtuniversity.nl研究者 
砂のマーサカリフォルニア州OEHHAEPAマーサ・サンディ@oehha.ca.gov政府機関
スミスマーティンカリフォルニア大学バークレー校martynts@berkeley.edu研究者 
曽根秀子横浜薬科大学、日本Hideko.sone@yok.hamayaku.ac.jp政府機関 
エイミーNTPhuishan.wang@nih.gov政府機関 
ウェブスタートーマスボストン大学twebster@bu.edu研究者 
ツァイスローレンカリフォルニア州OEHHAEPALauren.Zeise@oehha.ca.gov政府機関 
チャン羅平カリフォルニア大学バークレー校luoping@berkeley.edu研究者 

&現在、オランダのマーストリヒト大学に在籍しています

EPA、環境保護庁; NIES、国立環境研究所; NTP、国家毒性プログラム; OEHHA、健康被害評価局

上向き矢印